芸能ドラマエンタメ速報

主に芸能人のニュース(発言・不倫・浮気・進退・テレビ・ドラマ・言動・注目・映画・スキャンダル)
スポーツ全般や国内事情や社会ニュースなど今話題になってる事柄を中心にまとめています

    カテゴリ:女優 > 高橋メアリージュン



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    沢山苦労したんだし、ボーナスとして印税貰ったって誰も文句は言わない

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/03/18(日) 01:49:08.97 ID:CAP_USER9.net

    高橋メアリージュン、借金・がん告白本「いろいろ言われるのは覚悟の上」
    2018-03-17 08:30 ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2107623/
    https://beauty.oricon.co.jp/news/2107623/full/
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000359-oric-ent

    衝撃の半生をつづった自著について語る高橋メアリージュン。撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    今年1月、これまでの人生を赤裸々に綴った初の著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」を出版した女優・モデルの高橋メアリージュン。
    借金生活や過去のがん告白など、衝撃的な内容に注目が集まったが、この本を通じて、本当に伝えたかったこととは何か、現在の心境を語ってくれた。

    ◆最初から、本を出すならエッセイと決めていた

    ―今回、この本を書こうと思われたきっかけから教えていただけますか。
    「5年前、潰瘍性大腸炎という病気になった後くらいから『いつか本を書いて、この病気のことを広く知ってもらえたらいいな』という思いがずっとあったんです。今年でちょうど30歳になるし、デビュー15周年という節目が重なることもあって、このタイミングで実現できたらと思っていたところに、偶然、出版社さんから「本を出しませんか?」というお話をいただいて。片思いだと思っていた彼から告白されて、両思いになれた。まさに、そんな気持ちでした」

    ―写真集やライフスタイルブックなどではなく、最初から、ご自分の体験を元にした本を書こうと決められていたんですね。
    「はい。ただ、内容については、すべて決めこんでいたわけではなくて。書きながら「こんなこともあったな」って、記憶の引き出しをひとつひとつ開けていった感じです。昔、歌手になりたくて、歌詞やポエムを書いていたこともあるくらい、文章を書くのは好きだし、人見知りの私にとっては、話すより文章にするほうが、自分の気持ちを出しやすいんですよね。書いてみて、「自分はこんなふうに考えていたんだ」って、気づいたこともたくさんありました」

    ―本を出されることについて、ご家族の反応は?
    「家族には、出すことが決まってから「本を書くことになりました」とだけ、報告したんですが、父からは「えー! あのお姉ちゃんが本出せんねやー」「信じられへんなー」みたいな反応が返ってきました。母は、いつもそうなんですけど、「おめでとう」みたいな気楽な感じでしたね」

    ―中学生のときにご家業が倒産して生活が一変したことや、そのときの借金を未だに返済し続けていることなども、包み隠さず綴っていらっしゃいますが、芸能界でお仕事されている妹の高橋ユウさんや、プロサッカー選手として活躍されている弟の高橋祐治さんから、難色を示されたりはしませんでしたか?
    「はい、まったく。妹は驚きながらも「楽しみー!」って言ってくれましたし、ふだん「高橋メアリージュンの弟としてではなくサッカーの実力で有名になりたいから、SNSとかで自分がサッカー選手であることをあまり書かないでほしい」って言っている弟も、この本に関しては全面的に応援してくれました。もうひとりの、一般人の弟も含めて、兄弟に対してはいいやつ達だなーって、ことあるごとに実感しますね」

    ◆難しいこと=不可能なことじゃない

    ―書くことを迷われたり、ためらわれたエピソードはありましたか?
    「亡くなった初恋の彼のことですね…。そのことがあったからこそ、彼の分まで「生」を大切にしたいと思うようになりましたし、その思いは演技にも活かされているんですが、彼のご家族のこともありますから、どこまで、どんなふうに書いたらいいか、最後まですごく迷いました」

    >>2以降に続きます。


    【【芸能】高橋メアリージュン、借金・がん治療体験等の自伝、告白本を出版「いろいろ言われるのは覚悟の上」で世の中の女性に発信する覚悟を表明】の続きを読む


    知り合いの女性にもガンになってどうにか立ち直った人がいるので頑張ってほしい

    1 ストラト ★ :2018/01/17(水) 12:21:32.51 ID:CAP_USER9.net

    モデルで女優の高橋メアリージュンの著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」が1月22日に発売される。

    高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白

    同書にて、高橋は借金生活や潰瘍性大腸炎を経験、そして「子宮頸がん」を告白。
    「闇金ウシジマくん」「コウノドリ」「隣の家族は青く見える」など注目のドラマや映画で存在感を発揮する高橋だが、「幸せな未来を生きていきたい」と言う。
    誰もが望む未来ではあるが、その言葉の裏には、自身が歩んできた「衝撃」の半生があった。
    30歳を迎え、思いを込めて綴る「言葉」が「幸せな未来を生きる」処方箋になる。

    「不幸はひとが決めるものじゃない」…反響続々

    「他人にはない経験」をしたからこそ見えたもの、知りえたことに反響続々。
    「不幸はひとが決めるものじゃない、その考え方にはっとさせられました」(30歳・女性)、「たくましい、その一言。選択肢がないことで手に入れられるもの、という言葉はないものねだりのわたしを変えてくれそうです」(20代・女性)という声が寄せられているという。

    内容紹介※『』内斜体は本人の言葉(リリース抜粋)

    時を経て、2016年。高橋メアリージュンは女優として活躍の場を広げていました。突如感じた下腹部への違和感――そこから事態は急転します。

    『2016年11月8日。願掛けも兼ねて、29歳の誕生日に検査結果を聞きに病院 へ向かいました。撮影では馴染み深い診察室。白衣の医師とふたり。ごくふつうの風景の中で、 医師は、「高橋さん、検査の結果、がんが見つかりました」まるでなんてこともないようにそう言いました』
     
    これまでも難病・潰瘍性大腸炎や顔面神経麻痺などを経験してきた彼女。そこに新たな「壁」が立ちはだかったのです。転移していれば「抗がん剤治療」もしくは「子宮摘出」を考えなければいけない。「抗がん剤は高いと聞く。子宮を残したい」その思いは感情を揺さぶりました。

    (全文はコチラ)
    http://mdpr.jp/news/detail/1740714

    高橋メアリージュン プロフィール
    1987年11月8日生まれ。滋賀県出身。
    「横浜・湘南オーディション」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。
    2006年3月からファッション誌「CanCam」の専属モデルを務める。
    2012年、NHK連続テレビ小説「純と愛」で女優デビュー。
    以降、映画、ドラマ、舞台などで活躍の幅を広げる。
    主な出演作品に映画「闇金ウシジマくん」、「るろうに剣心」などがある。
    また、2013年に難病・潰瘍性大腸炎を患っていることを公表。
    本書で子宮頸がんに罹患していたことを告白。

    高橋メアリージュンの著書「Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」

    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)



    (出典 news.mynavi.jp)



    (出典 takablog.net)


    【【話題】高橋メアリージュン、子宮頸がんを告白 借金生活・潰瘍性大腸炎を経験…衝撃の半生が明らかにで苦労続きの人生が判明】の続きを読む

    このページのトップヘ