芸能ドラマエンタメ速報

主に芸能人のニュース(発言・不倫・浮気・進退・テレビ・ドラマ・言動・注目・映画・スキャンダル)
スポーツ全般や国内事情や社会ニュースなど今話題になってる事柄を中心にまとめています

    カテゴリ:女優 > 西内まりや


    やはりそっち系に行くしか需要がないな

    1 きゅう ★ :2018/04/08(日) 11:31:12.53 ID:CAP_USER9.net


    (出典 upload.wikimedia.org)

     西内まりや(24)が「ヌード写真集」を発売することが、ほぼ確実となった。
     「西内は所属事務所に対し、3月末をもって退社する旨の内容証明を送りつけている。でも、それは一方的な要求であって、コトはそう簡単に済む話ではない」(芸能ライター)

     西内は昨年10月、仕事の方向性の違いによって爆発。事務所社長をビンタし、暴れたことを、一部週刊誌が大々的に報道した。
     「その後、西内は“引退しない”と周辺に言っているが、社長にビンタを食らわせて、引退しないも何もない。まして彼女の所属事務所は芸能界を代表する大手。常識的に考えたら、獲得する芸能プロなどあり得ないでしょう」(同)

     事実、一部夕刊紙の「彼女はこのまま3月いっぱいで引退するのではないか」という見方が強まっている。
     「現在、彼女は日米ハーフのモデル・呂敏(ロビン)と同棲中とされています。彼が所属する大手事務所への移籍も噂されましたが、そんなことは絶対にない。芸能界への影響力が絶大な西内の事務所を敵には回したくないですからね」(芸能プロ関係者)

     となると、今後の西内はどうなるのか?
     「西内は昨年1月期フジテレビの月9『突然ですが、明日結婚します』が惨敗。その後、まったく仕事をせずにビンタ事件が発生する10月まで、月額200万円の給料をもらっていたといいます。事務所を辞めるなら、その弁済と、謝罪金を払うのがスジでしょう」(同)

     もちろん、西内が元のサヤに収まるはずもない。
     「このまま干される可能性が高い。しかし、芸能界の事務所トラブルの場合、ドラマで主役を張った彼女ならば、解決金の相場は1億円。休業中の給料も含め、プラス数千万円の支払いが求められる。それをどうやって捻出するか? やはりヌード写真集でしょう」(同)

     西内の公式サイズはT170センチ、B80・W58・H83だ。
     「肉感的ではないぶん、ヘア出しは前提。今、西内の代理人はヘアOKで、各出版社にヌード企画を持ち込んでいる。また、彼女自ら出版社の人間と接触し、セルフ営業をしているという話も聞こえてきます。やはり1億円以上のギャラが欲しいのか、過激ヘアヌードも辞さない覚悟だといいます」(写真集編集者)

     ヘアヌード出版を皮切りに、AVデビューもある?

    https://wjn.jp/article/detail/4857966/

    (出典 wjn.jp)



    【【朗報】西内まりや、ヤケクソで過激ヌード写真集出版wwwwwww】の続きを読む


    事務所の社長を病院送りにしたツケを払う時が来たか

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/03/21(水) 11:47:02.51 ID:CAP_USER9.net


    (出典 biz-journal.jp)

    http://www.2chmatome2.jp/

    4月以降は所属事務所なしか 西内まりや「引退」のピンチ
    3/21(水) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000010-nkgendai-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     デビュー時はポスト・安室奈美恵ともてはやされた歌手で女優の西内まりや(24)だが、どうやらこのままひっそりと芸能界を去ることになりそうだ。

     そもそも、そうなったのは西内自身の言動がきっかけ。昨年10月、所属事務所の社長にいきなりビンタをお見舞いしていたことが同11月に一部報道で発覚。
    報道によると、10月下旬には西内の代理人から事務所に対し、今年4月以降、事務所との契約を更新しない旨が書かれた内容証明が送られたというのだ。

    「誰かが西内に入れ知恵したと思われますが、その入れ知恵をした人物もまさか西内がビンタをお見舞いするとは思っていなかったようです。
    昨年春から開店休業状態だった西内に毎月何百万円もの給料を払い続けている事務所にしたらたまったもんじゃありません」(芸能関係者)

     今年に入ってからは、一部週刊誌が西内を直撃。西内は「引退は考えていないです」と断言。今まで話す機会がなかったため、直撃した記者に涙ながらに感謝したというのだが……。

    「獲得に手を上げる事務所はまずないでしょう。西内が今の事務所に頭を下げ、イチからやり直すことでも約束しない限り、今後、活動を続けるのは難しい」(前出の芸能関係者)

     芸能界は椅子取りゲーム。少しでも腰を浮かせたら居場所はあっという間になくなる。

    「引退は考えていない」と話していたが…/(C)日刊ゲンダイ


    【【芸能】西内まりや、4月以降はどこも引き取り手見つからず芸能生命も終焉へと…】の続きを読む


    今更一般人として生きていくだけの覚悟はない

    1 あちゃこ ★ :2018/02/20(火) 00:12:21.66 ID:CAP_USER9.net


    (出典 www.hochi.co.jp)

    白いキャップにニットワンピース、黒いコート姿でマンションから現れたのは歌手で女優の西内まりや(24)だった。

    主演ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が終了してから1年近くたつ。久々に目撃した彼女だったが、顔色も決して悪くはない。
    隣には同じようにキャップを目深にかぶった恋人でモデルの呂敏(27)が寄り添っていた――。

    「西内は現在、活動休止状態にあります。所属事務所との契約も3月末日に終了する予定ですが、彼女は弁護士を通じて、契約を更新しない旨を伝えています。
    音楽業界のなかでは“このまま引退してしまうのではないか”という声も上がっているのです」(レコード会社関係者)

    西内と所属事務所の不協和音が明らかになったのは、昨年秋のこと。11月23日発売号の『週刊文春』が、西内が事務所の社長をビンタしたと報じたのだ。

    「アーティスト志向が強く歌手としての活動に専念したがっていた西内さんに対し、事務所は女優やタレントとしての活動も期待していました。
    そうした方向性の違いが次第に亀裂を深めていったようです」(前出・レコード関係者)

    はたして“引退説”は事実なのか?モデル恋人とのツーショットを目撃した現場で話を聞いた。

    「……引退ですか?少なくともいまは、引退は考えていないですね。ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けするという
    目標や、私自身は何も変わっていません」

    ――所属事務所とは、4月以降は契約更新をしないとうかがいましたが?

    「それは弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません。ただ一つ言えるのは、事務所に対しては恩もありますし、
    感謝もしているということです。関係者やファンの皆さんにはご心配をおかけして申し訳ないです……。いままではこうして自分の気持ちを語る機会も
    ありませんでしたので、今日は(取材にきてもらって)ありがとうございます」

    ときおり涙ぐみながら話をする西内が笑顔を見せたのは、記者が恋人についての質問をしたときだった。

    ――呂敏さんの存在も支えになっているのでしょうか?

    「これから2人でランチに出かけようと思っていたんです。恋人?いやそれは(笑)……、いつかきちんとした形で、私の口からお話しできれば……」

    恋人に寄り添われながら春を待つ西内。彼女が選ぶ新たな道の行方は――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00010001-jisin-ent



    【【芸能】西内まりや、涙で語った引退説の真相「社長をボコったのは事実」wwwwwwww】の続きを読む



    (出典 cdn.mdpr.jp)


    どんな理由があるにせよ殴ったら負けだから仕方ない

    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/18(土) 09:08:38.71 ID:CAP_USER9.net

    モデルで女優、歌手の西内まりや(23)に突如として暴行騒動が浮上した。
    1月現在、SNSを半年以上も更新せず、開店休業状態に陥っていた西内だが、以前から囁かれていた”芸能界引退”が現実味を帯びてきた。

    16日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じたところによると西内は10月3日、
    所属事務所「ライジングプロ・ホールディングス」のオフィス内でライジング関連会社の春日隆社長を殴打し、興奮状態で泣き叫びながら応接室を飛び出してきたという。
    春日氏は医師から一ヶ月以上の加療が必要であると診断されるほどの怪我を負い、
    こうした騒動から約一ヶ月後の10月下旬、西内の代理人から一通の内容証明が送り付けられ、
    そこには「来年4月以降はライジングとは契約更新をしない旨」が書かれていたようだ。

    「西内の異変は春頃から業界内で囁かれていました。
    1月に出演した『突然ですが、明日結婚します』が、フジの月9史上まれに見る低視聴率を記録するなどメンタル不安が深刻化して、
    インスタグラムの最後の投稿(5月6日)では『なぜこうも重なるんだと、様々な予測出来ない出来事に戸惑い、
    落ち込み、投げやりになり押し寄せる壁を押し返し耐えて負けて耐えて力つきてついに心がシュンってなくなってしまうんじゃないかと。
    諦める事は簡単に出来るけどそれでも保とうとそれでも前に進みたいと思えば思うほど小さな事で傷つきやすくて。
    その傷を修復するのには時間がかかる』(原文ママ)と意味深なメッセージを投稿。
    その後、更新が途絶えてしまった。それ以後、SNSの更新が途絶えたことを心配し、業界内外で体調悪化説や留学説などが飛び交っていました」(週刊誌記者)

    かつて主演を飾ったドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)や映画『CUTIE HONEY -TEARS-』の大ゴケに重ね、
    『突然ですが、明日結婚します』の終盤には嵐・相葉雅紀(34)主演の次作『貴族探偵』ばかりに総力が注ぎ込まれ、西内はまるで捨てゴマ扱いに。
    フジテレビから頭を下げられ、3ヶ月の海外留学を急遽キャンセルしての出演だったにもかかわらず、西内は相当な屈辱を味わっただろうことは想像に難くない。

    西内は現在、表舞台からは姿を消したものの、『女性セブン』(小学館)にスクープされたハーフの長身モデル・呂敏(27)との熱愛が続いている模様で、
    週刊文春にも自宅マンションの前で2人でいるところを直撃されている。

    「ビンタ事件の際に西内は興奮状態に陥りながら、『もう我慢できない!』『私はアンタたちのためにこんなに頑張っているのに何で認めてくれないの……』と大声で泣き叫んでいたようです。
    恋人の呂敏との一件なのかは不明ですが、両者の間には信頼感が大きく揺らぐようなトラブルが起きていたようで、
    もはや西内と所属事務所は完全に決裂しそうな雲行き。
    本人のモチベーションの低下も囁かれ、結婚による引退観測も出ている。
    ライジング側は西内の暴力行為を正式に認めており、一歩も引くつもりはない。
    このまま関係がこじれれば、西内は実質的に芸能界からの”永久追放”となるでしょう」(前出・記者)

    西内が主演したドラマのタイトル、“突然ですが、結婚します”を地で行くのか、はたまた別事務所に移籍するのか。
    ゴリ推しが囁かれた、かつての”ライジングの秘蔵っ子”は何を我慢できなかったのか。両者の成り行きに注目したい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376447/
    2017.11.16 19:07 デイリーニュースオンライン


    【【追放】西内まりや、暴力行為のツケを芸能界追放で払う結末が濃厚】の続きを読む


    しばらくは干されるけど、時間が解決してくれる

    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/17(金) 18:13:14.37 ID:CAP_USER9.net

    タレントの西内まりやが、所属芸能事務所社長にビンタをしたと、11月16日発売の週刊誌『週刊文春』(11月23号)が報じた。

    西内は大声で泣き叫んだ末に過呼吸のような状態に陥り、医者が呼ばれる騒ぎになったという。
    社長もまた加療1カ月の怪我を負ったそうだ。西内は、自身が懸命に仕事をしているのに周囲のサポートが少ないことを嘆いていたという。
    タレントに対するマネジメントがうまくいっていないことが明らかになっている。

    西内は13歳のとき、ファッション雑誌『ニコラ』、続いて『Seventeen』の専属モデルとして女子中高生から絶大な支持を得るようになった。
    2014年に歌手デビューすると、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。
    2017年にはフジテレビの“月9”枠で連続ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の主役に起用され、歌手と女優としても華々しい道を歩んできた。
    しかし、このドラマ以後は極端にメディア露出が減っている。そのため、インターネット上では“失踪説”も囁かれていた。

    「実は西内は、体調面で不安もありましたが、演技のみならず、作曲の方も思うように進まずにスランプに陥っていたのです。
    そして、西内の代理人から契約を更新しない旨が書かれた通知書が事務所に届きました」(芸能関係者)

    アメリカ留学中に…

    同ドラマは、全話通しての平均視聴率が6.7%と「月9枠そのものが打ち切りになる」という議論が巻き起こるほどの低視聴率だった。
    週刊文春によれば、体調面の不安によってドラマの現場で撮影が中断することもあったようで、事務所は新規の仕事を休止していた。
    夏に西内は留学をしているが、そのあいだ、西内は次第に事務所への不信を募らせていったという。

    「“天は二物を与えず”ということわざがありますが、女優、歌手、モデルと“三物”を与えられた天才が西内です。
    それだけに繊細で壊れやすい一面を持っているのかもしれません」(音楽関係者)

    ただ、女優として作品に恵まれてはいない。前出のドラマも低視聴率に終わり、昨年は永井豪氏原作の名作アニメ『キューティーハニー』
    の実写映画『CUTIE HONEY -TEARS-』に主役で出演したが、早々の打ち切りが話題になってしまったほどだった。

    「西内がこれから芸能界で生き抜いていくには、いいブレーンを付けないといけません。
    すぐに感情をむき出しにする体質も修正しないと、これからは厳しいでしょう」(前出・芸能関係者)

    西内が心身ともに健康になって、芸能界で活躍する姿をファンは待っていることだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376871/
    2017.11.17 17:30 まいじつ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【【芸能】西内まりや、暴力事件を起こした代償は大きい。再起は非常に困難か】の続きを読む

    このページのトップヘ