芸能ドラマエンタメ速報

主に芸能人のニュース(発言・不倫・浮気・進退・テレビ・ドラマ・言動・注目・映画・スキャンダル)
スポーツ全般や国内事情や社会ニュースなど今話題になってる事柄を中心にまとめています

    カテゴリ: 俳優



    (出典 eiga.k-img.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/04/21(土) 16:11:38.63 ID:CAP_USER9.net

    仲代達矢 「白い巨塔」出演オファー断っていた 演劇優先で「非常に残念」
    2018.4.21(Sat)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/21/0011184658.shtml

    (出典 daily.c.yimg.jp)

    「大映男優祭」でトークイベントを行った仲代達矢=東京・角川シネマ新宿

     俳優の仲代達矢(85)が21日、都内で開催中の「大映男優祭」でトークイベントを行った。
    長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎ら伝説の映画俳優を輩出した大映の傑作を上映するイベントで、仲代は自身が出演した「炎上」の上演後に登場。
    故田宮二郎さんが主演を演じた「白い巨塔」(1966年)の出演オファーを断っていたと明かした。
     仲代は「田宮さんとは『華麗なる一族』や『不毛地帯』で共演しました。モダンな方でした」と振り返り、その後
    「『白い巨塔』は(原作の)山崎豊子さんから“出てくれ”と話があったんですが、その時は演劇をやっていたもんで、お断りしたんですよ。非常に残念だったと思っています」と打ち明けた。
    仲代は山崎作品と縁が深いだけに、意外な“告白”にMCの映画史研究家・春日太一さん(40)も会場のファンもびっくりした。
     仲代は無名塾を主宰し、役者の養成にも関わっているが、現在の映画製作には
    「昔ほどのいい環境でやっていないような気がする。映画の第二次黄金時代には、役者が技を上げていくこと、そして時間とお金も必要だと思う。いい作品は時空を超えます」と訴えていた。


    【【芸能】仲代達矢「白い巨塔」出演オファーをwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 daily.c.yimg.jp)



    1 湛然 ★ :2018/04/19(木) 05:05:40.99 ID:CAP_USER9.net

    2018.04.18 19:03
    窪塚洋介、イケメンすぎるライダーショットが話題に

     俳優の窪塚洋介が自身のInstagramを更新。イケメンすぎるハーレーショットが反響を呼んでいる。

     同投稿で窪塚は、ヘルメットをつける姿や真っ黒な革ジャンに身を包み、ハーレーダビットソンに股がる姿を公開。「"Good season for Bike”」とコメントし、春の暖かい気候の中、バイクを楽しむ姿を披露した。

     そんな窪塚の投稿には、「かっこよすぎるか」「後に乗りたい」「こんなに革ジャン似合う人初めてです」「一生ついていきます」「めっちゃ似合ってる!」「一緒に走りたい!!」「サマになってる」とまるで映画のワンシーンのような写真に絶賛の声が相次いだ。
    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    [yosuke_kubozuka]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://abematimes.com/posts/4053092


    【【芸能】窪塚洋介の貴重な一枚、ライダーショットが話題】の続きを読む



    (出典 www.brash.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/19(木) 19:23:43.51 ID:CAP_USER9.net

    レオ様 日本のデパ地下に!23歳年下恋人と試食しまくり1時間
    4/19(木) 16:01配信 女性自身
    https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/hollywood/34030
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180419-00010010-jisin-ent


    (出典 data.jisin.jp)


    オープンとほぼ同時に入ってきた外国人の一団を見て、デパートの店員たちは目を丸くした。男性3人女性3人の計6人。女性たちはスラリとした美女ぞろいだったが、男性2人は筋肉も隆々として目つきも険しい。彼らが守っていたのは、レオナルド・ディカプリオ(43)だったのだ。

    キャップにサングラス、大きなマスクまでつけていたレオ様。彼としては精一杯の変装なのだろうが、屈強なボディガードや美女たちを引き連れていては残念ながら目立つことこの上ない。映画関係者は言う。

    「極秘に来日して、新恋人とのデートを楽しんだようです。いまのお相手は20歳のアルゼンチン人モデル、カミラ・モローンです。昨年12月に、ロサンゼルスのカミラの自宅から出てくる姿を撮影されています。4月頭にカミラとその友人たちが先に来日し、その後、ディカプリオがプライベートジェットで合流したと聞いています」

    本誌がレオ様一行を目撃したのは4月7日、東京都内の老舗デパートのお菓子売り場だった。試食品を用意している店舗もあったが、レオ様やカミラは片っ端から手を伸ばすと笑顔でスイーツを楽しんでいた。

    デパ地下滞在時間はなんと1時間以上!レオ様が試食サイズでは満足できなかったのが胡麻餡入り饅頭。購入してすぐにマスクをずらし、恋人と歩きながら食べていたので、かなり気に入ったようだ。

    またモロゾフのクッキーも購入していたが、こちらは店員に商品名も説明していたところをみると、最初からお目当てだったのかもしれない。

    一行は食べ歩きを満喫し尽くすと、地上に待たせていた高級車に乗り込み、走り去った。


    【【芸能】レオナルド・ディカプリオ 日本のデパ地下に!23歳年下恋人とwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/04/18(水) 22:20:29.38 ID:Bpcae4ZM0●.net BE:618588461-PLT(36669)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000188-sph-ent

    女優・高畑淳子(63)が18日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜・後9時)にゲスト出演し、梅沢富美男(67)の助言に涙を見せた。

     高畑の長男の高畑裕太さん(24)は俳優として活躍も2016年8月に強*致傷容疑で逮捕され、芸能活動を休止。示談が成立し不起訴処分となっていた。

     梅沢から裕太さんの近況を聞かれた高畑は「元気なときも、元気じゃないときもあります。息子は何とかしようとしている。私は世の中全部恨んでいるところもあるけれど…」と心境を語った。
    裕太さんの仕事については「遺品整理業をしている。土曜日だけはバーでアルバイトをしている」と語った。

     梅沢は裕太さんの役者としての才能を評価しており「復帰させましょうよ」と語りかけると、高畑は涙で「ありがとうございます」と一言。「(本人が)どうするか考えているんじゃないでしょうか。
    また生きていますから。私が言うことではない。必要なときがきたら自分で言うべきだと思う」と息子の芸能活動復帰に含みを持たせた。


    【高畑淳子の息子、高畑レイパー裕太が芸能界復活へ】の続きを読む



    (出典 fanblogs.jp)


    こんな展開最初から分かってただろwwwwwwwww

    1 ひかり ★ :2018/04/16(月) 17:07:02.66 ID:CAP_USER9.net

     俳優いしだ壱成(43)との結婚および妊娠を発表した女優の飯村貴子(19)が、SNS上で誹謗(ひぼう)中傷を受けていることを明かし、
    「インスタライブ」を当面休止するとした。

     いしだとの交際で注目を集めた飯村。6日には結婚を発表し、さらに現在妊娠3~4カ月であることも明かした。飯村のSNSにはファンから
    祝福コメントが多数寄せられたが、その一方で悪口や暴言も多数書き込まれている。

     飯村はこれまでインスタグラムでのライブ動画配信「インスタライブ」を利用してファンとの交流を楽しんできたが、15日に
    「インスタライブですが、しばらくお休みしたいと思います!」と表明。「誹謗中傷はやはり気持ちいいものではなく ストレスになってしまうので 
    本当にたまにやるくらいの頻度でやりたいと思います!」とした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00181509-nksports-ent


    【【芸能】いしだ壱成妻の飯村貴子「誹謗中傷がストレスに」今更ながらwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ