芸能ドラマエンタメ速報

主に芸能人のニュース(発言・不倫・浮気・進退・テレビ・ドラマ・言動・注目・映画・スキャンダル)
スポーツ全般や国内事情や社会ニュースなど今話題になってる事柄を中心にまとめています

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    色々あったけどお疲れ様です

    1 名無し募集中。。。 :2018/04/09(月) 07:26:26.27 0.net


    (出典 iwiz-news-polls.c.yimg.jp)

    日本協会はスタッフを主力選手のもとへ派遣。指揮官の評判を集めたが、否定的な回答が多かった。視聴率低下など人気低迷によるスポンサー側の不満もあり、解任は不可避と判断したもようだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000003-spnannex-socc


    【【衝撃】ハリルホジッチ監督解任は「予定」としてあらかじめ仕組まれたものだった】の続きを読む


    このランキング信用できるの?

    1 muffin ★ :2018/02/20(火) 19:35:31.92 ID:CAP_USER9.net


    (出典 yorozu-do.com)



    (出典 s.eximg.jp)

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=35823
    2018年02月20日

    2月23日に、いよいよ2018シーズンのJリーグが幕を開ける。
    『サッカーダイジェスト』では、開幕に先駆けて、全54クラブの情報が満載の『2018 J1&J2&J3選手名鑑』を発売。全国の書店やコンビニなどで絶賛販売中だ。
    この選手名鑑の制作に際し、各クラブの協力の下、選手たちへのアンケートを実施した。その中から、「好きな女性タレント・女優」の回答を集計し、TOP20を紹介する。

    1位に輝いたのは、現在放送中の『きみが心に棲みついた』で連続ドラマ初主演を果たした吉岡里帆。17人が名前を挙げた。
    2位は幅広い層から安定した人気を誇る石原さとみで、15人が選んだ。
    昨年9月に発表された「タレント好感度ランキング」の女性部門で、堂々のトップを飾った新垣結衣が3位だった。
    その新垣の代表作であるドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した石田ゆり子は、最高齢(48歳)で14位タイにランクイン。また、今年の9月をもって引退することを発表している安室奈美恵が8位タイに入り、根強い人気を窺わせた。

    ランキングは次の通り。

    Jリーガーの「好きな女性タレント」TOP20(J1のみ)
    1位:吉岡里帆  17人
    2位:石原さとみ 15人
    3位:新垣結衣  12人
    4位:有村架純  10人
    5位:上戸 彩  9人
       長澤まさみ 9人
       木村文乃  9人
    8位:長谷川潤  8人
       深田恭子  8人
       安室奈美恵 8人
       佐々木希  8人
       広瀬すず  8人
       川口春奈  8人
    14位:西野七瀬  6人
       石田ゆり子 6人 
    16位:ローラ   5人
       佐野ひなこ 5人
       新木優子  5人
       本田 翼  5人
    20位:新川優愛  4人
       沢尻エリカ 4人
       山本美月  4人
       土屋太鳳  4人
       田中美保  4人

    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    【【サッカー】Jリーガーの「好きな女性タレントのランキング1位」が 石原さとみや新垣結衣では無かった!?栄光ある1位はあの…】の続きを読む


    このままだとヤバいのはサッカーファンなら常識

    1 動物園φ ★ :2017/11/11(土) 10:12:57.14 ID:CAP_USER9.net


    11/11(土) 10:09配信
    スポーツ報知

     サッカーのメキシコ1部パチューカに所属するFW本田圭佑(31)が11日、自身のツイッターを更新し、10日にフランス・リールで行われた日本代表(FIFAランキング44位)とブラジル代表(同2位)の親善試合について自身の見解を示した。

     試合は日本が1―3で敗れたが「自分が出てたとしても結果は変わっていないと言う前提で、差が縮まるどころか広がってると感じた前半30分。後半は完全にリラックスモード。この現状を問題視しないといけない」と示した。

     その上で「日本のサッカーが世界トップになるために何をどう改革するべきか、サッカー協会を中心に議論する必要がある」と提言していた。本田は今回の欧州遠征で日本代表に選ばれていなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000069-sph-socc VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【サッカー】本田圭佑、ブラジルに完敗の日本代表に「差が縮まるどころか広がっていると感じた」と日本サッカーに絶望感隠さず】の続きを読む


    これって結構前から言われてた事だよね

    1 Egg ★ :2017/11/12(日) 06:00:32.32 ID:CAP_USER9.net

    FIFAランク44位の日本代表は、親善試合で同2位のブラジル代表に1―3で敗れた。ビデオ判定で与えたPKをFWネイマール(25)=パリSG=に決められるなど前半の3失点で勝負あり。
    後半にDF槙野智章(30)=浦和=が1点を返したが実力差を見せつけられた。現地で取材したブラジル日刊紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」のセルジオ・ハンジェル記者(46)が観戦記を寄せ「日本は今のままではW杯1次リーグで敗退する」と語った。

     【観戦記】

    6人の控え選手が入ったブラジル代表が、さしたる困難なく日本代表を下した試合だった。後半のブラジル選手は、まるで練習試合のように気楽にプレーしていた。

    日本には、サッカーにおいて最も重要な要素のひとつである創造性が欠如していた。この試合を見る限りFW本田圭佑、MF香川真司、FW岡崎慎司といった実績のあるベテランが日本にはまだまだ必要なのだ、と思わざるを得ない。

    ブラジルも多くの控え選手を試したが、チームの根幹となる部分は変えていない。ハリルホジッチ監督の意図がどこにあったのかよく分からないが、貴重な欧州での強化試合にチームの柱となるべき選手を招集しなかったのは理解に苦しむ。

    記者会見でハリルホジッチ監督は「最初のPKで選手が精神的なダメージを受けた」と語り、ビデオ判定によってPKを取られたことを大きな敗因に挙げた。しかし、これはもちろん言い訳に過ぎない。

    あのプレーは明らかにDF吉田の反則だったし、主審がブラジルにPKを与えていなくても、試合内容と結果に大きな違いはなかったはずだ。

    日本選手で目立ったのはGK川島だ。ネイマールのPKをストップしたセーブは見事だったし、3失点はいずれも彼の責任ではなかった。DF酒井宏はネイマールをかなり抑えたし、攻撃にも参加していた。

    他には、良くも悪くも目立ったのがセンターバックの吉田だ。全く無駄なファウルでPKを与えたが、FKのチャンスにほぼ完璧なキックを放った。攻撃陣では、違いを作り出せた選手は見当たらなかった。

    今のままでは、日本は来年のW杯で1次リーグ敗退するだろう。細心の注意を払って失点を抑え中盤でのパスミスを減らし、少ないチャンスをモノにするのが1次Lを突破する唯一の方策ではないか。

     ◆セルジオ・ハンジェル 1971年5月21日、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。46歳。93年に日刊紙「オ・エスタード・デ・サンパウロ」に入社し、97年から日刊紙「フォーリャ・デ・サンパウロ」運動部に勤務。

    W杯は02年日韓から4大会連続で、五輪は12年ロンドン、16年リオを取材。

    11/12(日) 5:56配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000220-sph-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)
    "


    【【サッカー】<ブラジル紙記者が分析!>日本代表「今のままでは、日本は来年のW杯で1次リーグ敗退するだろう」と終わりを明言する】の続きを読む

    このページのトップヘ